足のむくみ解消マッサージは入浴中や入浴後に行うと効果的です。

MENU

簡単むくみ解消マッサージ

 

むくみは肌の下にある細胞の間に水分が溜まってしまうのが原因で起こります。
足がむくむ場合は立ち仕事が多いなど疲労の蓄積、顔の場合は睡眠不足や塩分や水分の摂り過ぎ、カルシウムの不足などが原因です。

 

解消するには、睡眠をしっかり取って栄養補給をするなど生活習慣の見直しが効果的ですが、むくみ解消のマッサージをすると回復が早く予防や美容効果も得られます。
簡単に実践できるむくみ解消マッサージの方法をまとめました。

 

 

顔のむくみ解消法

 

目の下のツボを重点的にマッサージ

目の下に眼球を支える大きな骨がありますが、その付近は細胞の密集するツボになっています。
親指と人差し指で軽く肉をつまんでみてください。
痛いと感じたらツボを捉えている証拠です。
ツボを重点的に指でつまんで離す動作を繰り返して上げてマッサージすると顔全体のむくみ解消と老化予防の効果を得られます。

 

 

リンパ節

頬骨のくぼみに手をあてて、外側から内側に肉を引き寄せるようにマッサージをします。
そのときにゴリゴリした感触があれば、そこにリンパの溜まってる証拠です。力は入れすぎず優しく重点的にマッサージしてあげましょう。
指3本を使って、頬骨のくぼみから、口角、鼻、目の下にかけて円を描くようにマッサージするのも効果的です。

 

 

顔ヨガ

顔ヨガは顔の筋肉を鍛えて代謝をよくするとともに、適度な刺激を与えることでむくみの解消と予防効果を期待できます。
代表的な手法を2つ紹介します。

 

1つはクチャクチャパーと呼ばれる方法で、顔を思いっきりクチャクチャな状態に歪めて、そこから一気にクチャクチャ状態を解除します。
真顔に戻るだけではなく、目と口を全開に開いて、顔全体の皮膚をなるべく伸ばすような状態に一気に持っていきます。
この動作を数回繰り返しましょう。

 

もうひとつは口を閉じて、舌をぐるぐる回す運動です。
舌をなるべく外側をなぞるイメージで右回りと左回りで10周ずつ回しましょう。
この際にほうれいせんあたりは内側から押し出してあげるように意識して力を入れると美肌効果も期待できます。
慣れないうちは数回回しただけで、顔の筋肉がパンパンになってしまいますが、それだけ顔の筋肉が衰えている証拠です。
適切な運動をして顔の筋肉を鍛えてあげるとむくみ予防の効果も得られます。

 

 

足のむくみ解消法

足のマッサージをする女性

足のむくみを解消するマッサージ法は以下の手順です。
むくんでいる場所を重点的にふくらはぎから下の足を満遍なくほぐすことが大切です。

 

足裏を押す

足つぼマッサージの要領、痛いと感じるところを重点的に

 

足の甲を押す

全体的に押します。痛いと感じるところや気持ち良いところを重点的に行います

 

足の指のマッサージ

付け根を中心に足の指も1本ずつしっかりマッサージしてあげます

 

ふくらはぎのリンパマッサージ

ふくらはぎの裏側の部分のリンパ節に沿って、下から上にかけて全体的なマッサージを行います。
リンパ節が分からなければ、ふくらはぎの肉を下から上にあげるように意識して、ゆっくり全体的にマッサージしてあげましょう

 

ふくらはぎのツボを押す

足の三里のと呼ばれる膝の皿からすね側のすぐ近くにあるツボ(膝のサラの下のくぼみから指4本分くらい下)
三陰交と呼ばれるくるぶしから指4本くらい上にあるツボの2点を優しくマッサージします

 

 

足のむくみ解消マッサージのコツ

入浴中や入浴後に行うと効果的です。
足のむくみは人によって最適なマッサージポイントが異なります。
足のむくみであれば接骨院や指圧マッサージ専門店でマッサージしてもらうこともできます。
一度プロのマッサージを受けて、その際に家でマッサージするときのコツをプロから聞いておくのも効果的です。